エゴ

加藤茶のエッセイを読んだ。
ドリフターズから荒井注が抜けたあと、自分の付き人だった志村けんをメンバーに推薦したのは加藤茶だったそうだけど。
いざ東村山音頭で志村けんの人気が爆発した時、今までドリフで1番の人気者だった加藤茶は、正直悔しかったそうだ。
今まで1番ウケてたのは自分でドリフの主役の自覚もあって、笑いのアイデアも人よりいっぱいだして、自分がメインでドリフを回していかなきゃ、という責任感も持っていたらしい。
だけど、加藤茶は全体としてのドリフターズを見ていたので、自分のエゴを通すようなことはしないで、主役の座を志村けんに渡したのだと。
なぜ、そんなことが出来たのかに答えて
「元々がバンドのドラマーだったからかもしれませんね」。
え?あれ?
そ~だったのか!?
ドラマーはエゴを通しちゃいけなかったんだ!
気づくのが遅いぜ。いや、死ぬまでに気づいただけマシかな。
ドラマーの皆さん、他の人がソロを弾いたり歌ったりしている時は、キチンと引き立て役に廻らないといけませんよ。はい♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドラマーabe

Author:ドラマーabe
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR