サバイバルナイフ

は、もちろん論外だ。
あんなの持ってるだけでOUTだから、さっさと職質に引っ掛かっとけば良かったのに。
不運にもお巡りに話し掛けられないタイプだったかな。
さて、エスカレーターだけども、イギリスの地下鉄で利用者が片側空けて乗ってるの初めて見て、さすがジェントルの国じゃ!と思ったのが約30年前。
いつの頃からか日本でも始まって、急ぐ人のために片側開けて乗るのが定着した。
ただ、本家イギリスと日本で決定的違いがある。それは、空いた側を通る人の気持ちじゃないか。
英国紳士は、「譲ってもらってすいません、ありがとう」と通るだろう(失礼!淑女もか)。残念ながら日本人は「こっちが優先じゃ」と通る。だから乗ってる人とぶつかっても、「すいません」のひと言が出ない。
エスカレーターやエレベーターは、階段じゃ上がれない人の為の物だろう。まともに歩ける奴は、急ぐなら階段を走るのが筋。
そもそも道で、後ろから他人にぶつかったら「失礼!」も「すいません!」も普通に言うはず。
なぜ、エスカレーターだと急ぐ人が優先と勘違いしてしまうのかな。
それに、特に降下エスカレーターで、他人に後ろからぶつかるのがどんだけ危ないか。階段に立っている人を後ろからど突くのと変わらないと。されてみれば解るのかな。

だから俺はエスカレーターは停まって乗る派。とはいえやはり、よっぽど遅刻してると昇りだけは「チィマチェン、チィマチェン」とコソコソ登るけど。降りはどんな遅刻していても、前に人がいたら停まって乗る。後ろからぶつかられたらどんな気持ちか、知っているよ。

ナイフはどんな理由があろうとも論外、やり過ぎだ。だけど、俺も後ろからぶつかられたら、蹴り返したりはするかもよ、軽~くね、軽~く♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドラマーabe

Author:ドラマーabe
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR